ブログ

より安全でより良い日焼けのためのヒント

967views

夏はもうすぐです。多くの人にとって、それは日焼けした日焼けをする時が来たことを意味します。 これを達成するために、それはあなたの肌に紫外線を吸収してメラニンと呼ばれる色素をより多く生成することを意味します。 肌は人それぞれ違うので、体に含まれるメラニンの量も異なります。 人が持つメラニンが多いほど、肌は暗くなります。 一部の人々は他の人よりも簡単かつ迅速に日焼けをするかもしれません。 私たちはそれぞれユニークですが、日光の影響に関しては同じです。 紫外線への露出が多すぎると、日焼け、日焼け、皮膚がんにつながる可能性があります。 これらのケースを防ぐために、日光が当たらないように注意しながら肌の色を最大化するためのヒントをいくつか紹介します。

肌を整える

壁をペンキで下塗りするのと同じように、日光に当たるように肌を下塗りする必要があります。 頭からつま先まで、死んだ皮膚をすべて角質除去します。 そうしないと、太陽がほとんど死んだ肌を日焼けさせてしまう可能性があります。 より均一な日焼けを実現するために、日光にさらされる領域を剃ることもお勧めします。 あなたの肌への追加のブーストは、太陽の下で外出する前にいくつかの果物や野菜を食べることです。 健康食品からのビタミンと抗酸化物質は、実際に日焼けから保護するのに役立ちます。 太陽は肌に乾きますので、日光に当たる前、中、後には、失われた水分を補給するために、必ずたくさんの水を飲んでください。

ローションをスキップしないでください

均一で長持ちする日焼けに関しては、水分補給が鍵となります。 保湿された肌は乾燥肌よりも均一に日焼けするので、日焼けを始める前に肌を保湿しておくことは、日焼けルーチンの重要なステップになる可能性があります。 日焼けローションおよび/または日焼け止めは、日焼け時に見逃してはなりません。 日焼けローションは通常SPFを含んでいないので、使用するときは細心の注意を払ってください。 日焼け止めを混ぜて日焼け止めを防ぎ、2時間ごとに再塗布することをお勧めします。 肌に何もつけずに日焼けしないでください。 太陽は肌から水分を取り除き始める前に、最初にローションから水分を取ります。 これは、肌を健康で潤いを保ち、しわを防ぐのに役立ちます。 最後に、日光浴後にローション、特にアロエベラを含むローションを塗ると、日焼けを維持し続けるのに最適な方法です。 乾燥したはがれた肌と戦うのに役立つので、失われた水分を補給し、あなたの色をより長く保ちます。

あなたの限界を知っている

前に述べたように、すべての人の肌はユニークで異なっています。 太陽に対する反応が他の人とは異なる人もいます。 あなたの肌の限界とそれがどれだけの日光への露出を扱うことができるかを知って理解することは重要です。 ある人は6時間レイアウトして追加の色を取得することはできませんが、別の人はピンクに変わり始める前に30分しか処理できない可能性があります。 限界をよりよく理解し、いつ停止すべきかを理解するために、一度に少しずつ日焼けを開始する必要があります。 日光が多すぎる場合は、追加の衣類と帽子を持参して覆い隠してください。 日光に当たる量が多すぎる場合は、日焼けに戻る前に、肌を癒すのに十分な時間を与えてください。 肌のケアをする上で、自分の境界線を設定し、食べ過ぎたときに太陽から抜け出すことが不可欠です。

Leave a Response